top of page
検索

セッションしなければ相手の変容は見られない




現在、コーチングを学び直しています。コーチングの魅力に惹かれてその世界に飛び込んだのは2020年の秋だったか・・・。ポジティブ心理学の学びにも魅了されていた私は、たくさんの素敵なご縁に恵まれて、その当時は今にして思えばあまりよく考えていませんでしたが(苦笑)「セルフコーチング」を深めようとコーチングスクールに入りました。



2020年と2021年は学びの大部分がコーチングでしたし、資格取得するためにセッションをたくさんたくさん行っていました。そのうちコーチングで副業を始めたいと強く思うようになり、何人か継続クライエントさんとご縁をいただきながらここまでやってきましたが、実は何となく自分のコーチングに自信が持てないままでした。



 

冒頭のYouTubeは現在学んでいるコーチングスクール主宰のYuri yoshikawa さんのpodcastにおじゃましてインタビューを受けたもので、私が現在の活動に至るまでのエピソードを聞いてくださっています。なぜもう既にコーチとして活動しているにも関わらず、またスクールに入ったのかは、友達の影響とyuriさんの魅力に引き寄せられたということなのですが、


yuriさんから




「コーチとしてセッションをしてお金をいただき、クライエントさんにコーチングを届けなければ、相手の変容は見られないし、世の中を変えられない」




というメッセージをいただいたことがとても大きなブレークスルーでした。そこから、私なりのコーチングを探求する日々を送り始め、自分を掘り下げた結果、冒頭のYouTubeでもお話しできたような気づきが生まれて、自分が今一番驚いています。



コーチングスキルって、人生の色々なところで役に立ちます。自分に使うだけでなく、応援したい人に使わなければ宝の持ち腐れ。自分の経験やリソースや強み、全てがコーチングに役立ちます。もし、コーチの資格を取得したけれどもセッションに繋げられていない方がいたらご相談に乗りますよ。お待ちしています。




閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page