top of page
検索

導線がわかれば楽になる



オンラインサービスを世の中に出そうと決めた時、ランディングページやWebサイトを作ってみたいなと思うのは普通のことです。


自分のURLができたら、なんだかビジネスを始めた気になって、気分が上がります(少なくとも私は)


おそらく大多数の人がここまでは普通に思いつくことで、自分で作ったり、Webデザイナーに外注したりして素敵なページができあがってきます。


ただ・・・あなたがYouTubeのインフルエンサーだったり、芸能人だったり、すでに大きな売り上げをあげている起業家だとすれば、こんなところで迷ったり時間を使う必要はないのですが、大抵の人は、出来上がったせっかくのWebサイトやLPをどう認知してもらえばいいのかがわからずにつまづきます。(私もです)


売れている起業家さんをよーく観察すると、あの手この手で「見込み客」つまり「リスト」の獲得に余念がないことがわかります。そして、「獲得した」リストの顧客に対して自分の世界観を伝えていく。


具体的にみていくと

  • 登録プレゼント(e-bookやワークシート、ショートムービーなど)を提供する代わりにメーリングリスト登録をお願いする

  • Podcast、SNSなどに上記の登録URLを掲載する

  • 発信を続けて認知度を上げていく

  • リストが集まるようになる

  • リストの顧客に向けて、世界観の発信(顧客への啓発・教育)

  • サービスをセールスするようになる

などなど。


せっかく一生懸命WebサイトやLPを作ったとしても、それを拡散できる場所(プラットフォーム)がないとあまり意味がありません。

メーリングリストは地味な感じがしますが、ブログなどが顧客が自ら閲覧するためにサイトを訪問しなければいけないのに比べ、メルマガは嫌でもメールが登録者に送られる仕組みです。リストの数が増えれば増えるほど、開封数も増えるでしょう。


なので、メルマガ読者のリストはとても大切なのです。


で。。。

私が質問をいただくことが多いのが、このメーリングリスト登録をしてもらう導線作りなんです。どうやって具体的にやればいいのか。


そういう「地味だけれど重要な」起業の起点になるような情報を3ヶ月コース(ビジネススターターキャンプ)でお伝えしています。良かったら無料の説明会においでください。



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page