top of page
検索

決済ツールどれを選ぶ??



お客様がコーチングなどのセッションを行うようになると、必ずと言って良いほどいただく質問が


「決済ツールって何を使ったらいいですか?」


というものです。


これ、答えは簡単で


「StripeやPayPal、銀行振り込み」


なんですが


自分の経験からも言えますが、お悩みはそういう単純なことではありません(笑)



悩みのタイプは2つあって

  1. 決済ツールそのものを知らない

  2. 決済ツールは知っているけれどうまく使いこなせていない


ざっくり言うとこんな感じになります。


1.についてはツールをお伝えすれば解決。

2.については、もっとかみ砕いて言うと


決済ツールの使い方はわかるけれど集客の導線に含められていない

と言うことなんだと思います。




予約フォームを作成し、お客様から申し込んでもらった後セッションを行い、その後決済という流れが一般的ですが、


最も費用をかけずに行う方法は、CalendlyとGoogleカレンダーを合わせて使用し、予約フォームを作って、セッション後はStripeやPayPalなどの決済ツールに連携させるということです。(こちら、現在Udemyコースを無料でプレゼントしています)


Calendly+Googleカレンダー+決済システム

までを同じプラットフォームで作成できるツールが、AirRESERVESELECTTYPESTORES予約MOSHです。(他にも数限りなくあります)


ここまではツールの使い方がわかれば難しくありません。月額利用料などを比較の上、どれを採用するかを決定します。


問題はこの予約+決済フォームをどのようにお知らせして集客につなげるかということです。質問の真意はココ。決済までをシステム化したものの、それをどうやってお客様に伝えたらいいのかということです。


お伝えする方法としては2つあります。(また2つに分岐・・・)


  1. SNSにURLを貼って発信する

  2. WebサイトやLPに掲載する


1.についてはFacebookやTwitter、Instagramのプロフィール欄などにURLを掲載する方法ですが、SNSはタイムラインで流れていってしまったり、毎回そのURLがなんなのかを説明する必要があります。(コーチングセッションを始めました。ご予約はこちらから・・・的な)


なので、ある程度セッション予約が起動に乗って来たら、ご自身のWebサイトやLPを作成し掲載することをお勧めしています。Webサイト等にはその予約が「何のための予約か」詳細に説明することができ、「いつもそこにある(ネット上ですが)」ので。



この予約から決済までをAll in OneでできるツールがKajabiやWIX、リザーブストックなのですが、この選択についてはまた改めてお知らせしたいと思います。

閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page