top of page
検索

自分もクライエントも使いやすい簡単な予約フォームを作ろう!

更新日:2023年5月14日


コーチとして1on1のセッションを行うために、

自分もそして、クライエントも

使いやすい予約フォームを作りたくありませんか?


現在、セッション予約はオンライン上でおこなうことが

一般的ですよね。


たとえ、リアル対面で行う場合でも

予約フォームの作成は必須のアイテムです。


この記事では、まだ自分のWebサイトを持っていない方が

どのようにクライエントとセッションの日程調整を行うべきか

についてご案内していきますね。






予約調整の方法としては主に下記の4つがあります


  1. DM、メールなどで個別に日程調整をやり取りする

  2. Googleフォームなどで希望日を連絡してもらい、調整する

  3. 予約フォームを作成し、入力してもらう

  4. 集客から予約、決済までAll in Oneのツールを使う


現在、あなたはどの方法を採用しているでしょうか。


まず最初に、4についてですが、

こちらについては自分のWebサイトやLP(ランディングページ)

を構築済みの方が主に対象になってきます。

ここでは、これからセッションを始めようという方を対象にしますので

除外しますね。


結論から先に言うと・・・

コーチングセッションをこれから提供する方

まだ、自分のWebサイトを構築していない方には

3が絶対におすすめです。


1と2のデメリットはもしかしたら想像つくかもしれませんが (だからこのブログにたどり着いているかもしれませんね)

クライエントと直接のやり取りを数回行わなければならないことです。


コーチ   「⚪︎月⚪︎日の20時からどうですか?」

クライエント「あ、ちょっとその日は都合が・・・」

コーチ   「では、⚪︎日ではどうでしょう?」

クライエント「時間を21時に帰ることは可能ですか?」

・・・・・


こんな感じになりませんか?

これをDMやメールでするわけです。

面倒ですね。


2のGoogleフォームで日程調整するイメージは



こんな感じで予約日を選んでもらいますが

複数の方が同じ日を選んでもエラーにならず

ダブルブッキングが発生してしまいます。


これもまた面倒・・・。


こういった問題をすっきり解消するツールが

というツールです。


無料で使用でき、

クライエントは予約カレンダーをクリックするだけで

予約が完了し、

さらにオンラインミーティングシステム(Zoomなど)

と連携すると

クライエントに当日のセッションURLも一緒にメールしてくれるという

優れものです。


これを使わない手はないですよね。


この予約システムの構築方法を

私のUdemyコースで無料でプレゼントしています。

5月末までなので

ぜひご覧になってみてくださいね。


プレゼントはこちらから




閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page