top of page
検索

デジタルツールにお金どれくらいかけていますか?

更新日:2023年8月25日



オンライン上でサービスを展開する際に、どのぐらいデジタルツールにお金をかけていますか?



オンラインでつなぐためのネットプロバイダーやzoom等オンラインコミュニケーションツール、パソコンへの投資は大前提なので、ここでいうデジタルツールとは、主にサービス展開するために必要なLPやHP、オンライン予約システムや、メルマガ配信スタンド、動画のアーカイブストレージなどを指しています。



これ、お客様からよく質問を受ける内容です。特に起業初期は経費はなるべく抑えたいと思うものですし、正直何をどう使っていいかわからないというお悩みが大多数です。



私は会社員をしながら副業という形で自分ビジネスを行なっているので、何よりも大切なのは「時間」です。そして、早く副業を軌道に乗せ、会社員卒業を目論んでいるので、とにかく売り上げにつなげたいという強い思いがあります。



つまり、私の中の結論は



お金で時間を買う=デジタルツールにはある程度お金をかける



ということになります。



具体的には、例えばオンライン予約システム。無料で使えるツールもたくさんありますが、有料と無料の違いはzoom等とつなげられるか、セッション前日にリマインドメールが送られるか、広告を非表示にできるかなどがあります。広告非表示はあまり私の中ではメリットではないのですが、他はとても重要です。



お客様から予約をしてもらったと同時にzoomURLが勝手に発行され、折り返しでメールが届き、セッション前日にリマインドメールが送られる。たったこれだけですが、ある程度顧客が増えてきた時に、これをお客様一人ひとりに対して手動で行うのと自動で行うのでは、労力と時間が全然違うのです。



起業・副業を本格的なビジネスとしてこの先ずっと続けるつもりですが、ゴールが同じなら、なるべく早く到達したいのです。なんせ人生折り返してますから(苦笑)お金で時間を買えるなら、お財布と相談してなるべく導入するようにしています。



全てのアイテムを有料契約する必要はありませんし、サービスや好み、お客様の規模感によっても選択するツールは異なってきます。もし使うツールを有料で使うかどうか、どのツールを導入すれば良いかなど選択に迷うようだったら、一度お話ししませんか。お待ちしています。



閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page